和食はどこで食べるか

和食、というように改めて見てみると、なかなか私たちが和食というふうに意識して扱っていないということがよくわかります。普段食べている食事がはなして和食なのかどうなのか、というところは微妙です。朝食に、ごはん、納豆、味噌汁、焼き魚、という献立が出たとすれば、これは和食ということができそうですが、ではこの焼き魚がハムエッグに変わったらどうか、というと微妙なところですよね。

ともあれ、私たちのDNAには、和食が深く根付いています。元になっているのはやはり過程で食べる手料理でしょうか。

和食を中心にしているお店で外食することも多いことと思います。定食屋などでは、純和風の定食が出されることもあります。特に魚を用いた定食、焼き魚、煮魚、刺身の定食などは、和食、という風情があります。やはり和食には魚介類がかかせないというわけですね。

定食屋さんは和食をリーズナブルに味わえる貴重な場所です。フランス料理などでは、こうはいきませんよね。

No Comments.

Leave a Reply

(必須)

(必須)